先日、新木場の銘木屋にお邪魔した時の事・・

ちょうど、ケヤキの大木を木挽きしてました。
991e8ac8.jpg


ギコギコと時間を掛けながら挽いて行きます。
4f19f58a.jpg


製材機械がある現代になぜ?って思われるかも知れませんが、理由があります。

機械で製材すると、熱で色艶が損なわれてしまう。
大木は、木取り次第で価値が大きく変わってしまう。
手で挽くことにより、銘木の目利きを養う。
主な理由は、こんなトコでしょうか・・・

実際、4尺以上の大木を製材出来る機械も、日本には少ないって事も理由の一つなんでしょうけどね。