これまでも脱CO2排出の流れを受け、普及が進んでる「太陽光発電」


今回の震災により、太陽光発電の搭載は一層進んでいくんでしょうね。
これが乗ってる家が当たり前になる時代も、そう遠くないのかも知れません・・・。


そこで問題になってくるのが・・・
この太陽光発電を施工する「資格」です。


各メーカーごとに資格が必要って・・・
確かにメーカーごと、規格や寸法が違うのは分かるんですが・・・
普及に弾みを付けるため、そしてコストを安くする為にも、設置部材の共用など出来ればいいんですけどね・・・。


そこで先日、某太陽光メーカーさんの2日間の施工研修に行ってきました。
d2bc0db1.jpg



年々、施工方法も種類が増え、このメーカーだけでも現在17種類。
瓦屋根、スレート、コロニアル、陸屋根・・・
しかも、商品シリーズごとに数種類ずつ・・・


2日間の研修なので、駆け足の研修でしたが、どれも必須事項なので、必至で学んできました・・^^;
資格ないと施工出来ませんから・・(笑)


実は、うちの自宅も太陽光パネル、設置したいんですが・・・
色々と施工上の問題がありまして・・・


色々と勉強して、それらをクリアして・・・ まずは自家設置ですね!




会社ホームページ
↓  ↓  ↓
トータルハウジング 株式会社生井

読んでいただきありがとうございます。
現在ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ