私の自宅には何本か庭木を植えてるんですが、その中でもこの2本。
モミジと槇の木です。


このモミジは、以前は実家に植えてあったものを移植したもので、こちらに越してから約30年くらい経ちます。
秋には素晴らしい紅葉を見せてくれるんですよね。
1a37a923.jpg



今まで気がつかなかったのですが・・・
モミジの木の下には芝桜を植えてあるんですが、その中にモミジの赤ちゃんがいる事を発見!

今まで、草取りした時に、雑草と一緒に抜いちゃってたんですよね。

そこで・・・
せっかく種から還り自生したんだから、鉢に移して育てよう!
と言う事で移植しました^^
066e7a84.jpg





同じく、こちらは槇の木。
結構立派な枝ぶりなんですが、おかげで雪が降る日は、雪の重みで枝折れの危険があるので、庭木用の丸太で下支えしなければいけません・・・。
e7a78ef9.jpg



この槇の木の下にも、赤ちゃんはいっぱいいます^^
とりあえず3本だけ移植しました。
036c4c95.jpg




意識して育てようとしても、なかなか上手くいかない場合もありますが・・

自然に種が落ちて、自然に発芽して、自然に大きくなっていく・・。
これが一番なんでしょうかね・・。

木は人間よりも、遥かに寿命が長いですから。
この苗木が親と同じ大きさに育つまで、一体何年かかるんでしょうか?




会社ホームページ
↓  ↓  ↓
トータルハウジング 株式会社生井

読んでいただきありがとうございます。
現在ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ