行く度に刺激を受ける、材木屋の勉強グループ
「木住総研」の今年最後となるゼミに参加して来ました。

師走に行われるゼミは、今年一年の成果や取り組みを発表する場です。

全国から多くの材木屋が集まる中、指名された2社の販売店が、今年一年の成果を発表しました。
(2社共、一緒のグループで勉強させてもらったので、頑張りや苦労がシミジミ分かります)
edfeea3b.jpg

それと今回は・・
全建連 会長の青木宏之様による特別講演も聞かせて頂きました。

「日本の木で、日本の技で、日本の家・・・」
地場工務店は、ハウスメーカーと同じ土俵で戦っていませんか?

自分達の土俵
(国産・地域材など、ムク材を使った本物の家造り)
で戦いましょう!

との話に・・
地場の住宅に携わる人間として、果たさねばならぬ役割の大きさを感じます。

ただ、売り上げがあれば良い・・
自分の会社だけが潤えば良い・・

そんな考えに横穴を空けてくれる講演でした。





それと・・・
(新)事務所の進捗ですが、
このゼミの日と前後して、バタバタと事務所の引越しをしました。

栃の木で作った応接セットです^^
壁に立て掛けてあるのは、薄いチラシ類を置く為の、桧の手作り棚です^^
d228c29f.jpg


写真には写ってませんが、反対側のテーブルは桧の応接セットです^^

材木屋に来社して頂いた方に、ムクで作ったテーブルって良いね!
って思ってもらいたく製作しました。
(自己満ですね・・^^;)

もちろんこの建物・・
材木屋の事務所だけに、木をふんだんに使ってます。

これでもか!ってくらい使ってます。


現在、1階の事務所部分の引越しはしましたが、2階部分は現在工事中です。

実はこの工事・・・
どちらかと言えば、この「2階」がメインなんです^^

完成したら、こちらもアップさせて頂きます^^







会社ホームページ
↓  ↓  ↓
トータルハウジング 株式会社生井

読んでいただきありがとうございます。
現在ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ