12月に入り、いよいよ(新)事務所の工事も大詰めに入ってきました。

その中でも、外部の仕上げ、何にしようか・・・
色々と考えましたが、やはり材木屋らしく「木製で!」と言う事で・・・
以前に使ったのと同じ
「杉の南京下見板」です^^


しかし・・それだけだと単調になるので・・


ワンポイント貼り分けしようかと。
(単に南京下見の在庫が足りなかった・・と言う噂あり・・><)

そこで一部分だけ貼ってみたのがこれ・・。

桧の生節のフローリングです。
3cefaad2.jpg

貼ってみた感想・・・

埋木していない、自然のままの節はキレイです!
芯に近い部分を外して貼ったので、余計に生節がキレイです。


よくご近所の方々が、通りすがりに見に来られるんですが、
「これは何の木なんだ?」
とか
「外壁を木で貼ると、こんな風になるのか!」
「材木屋らしいな!」
とか色々、声を掛けてくださいます。


木の外壁は、余程珍しいんでしょうね^^;


(新)事務所の外装・・・足場を外したら、もう一度ご紹介するつもりです^^





会社ホームページ
↓  ↓  ↓
トータルハウジング 株式会社生井

読んでいただきありがとうございます。
現在ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ